忍犬のチラシの裏

ninjadog.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:オブリ日記( 13 )

kanon観終わったけどやっぱAirのが良かったわ。タイヤキは俺の嫁な オブリビオン 第2話

前回の爺さんからの頼みを承諾した忍犬だが出発した直後に
早速トラブルが発生した。
f0112065_1158619.jpg

「金だすか、命を落とすか、どっちか選べ」
山賊だ。めんどくさい奴に会ってしまった。
こいつらは遺跡の入り口とか橋などでいつも金をもってそうな人々を
このように脅して金を奪っている悪逆非道な奴らだ。
しかもなかなか賢く、衛兵には絶対手を出さず、出さないと殺される額が
100Gと比較的安価なため、多くの一般市民の間では
「通行料みたいなものだ」という認識が一般的になってしまっている。
そんなわけもあって忍犬もいつもは普通に払って通行していたのだが
今はたまねぎがこちらを見ている。
お手本になるような行動をとったほうがいいだろう。
忍犬は山賊に「金は払えない」と伝えた。
f0112065_12155666.jpg

「なら、死ね!」
まあそう来るだろうと思っていた。かかって来い山賊。







すいません調子乗りました。
普通にこの山賊強いです。本当にありがとうございました。
ここは逃げるべきかと忍犬が思い始めたときだった。
f0112065_12213192.jpg

馬がいきなり山賊の背中にタックルをかました。
山賊は突然のことに驚いたが、すぐに立ち直り馬に反撃しようとした。
しかし時すでに遅し、馬は後ろ足で立ち上がり、そのまま山賊に
前脚を振り落とした。
f0112065_1226322.jpg

恐ろしい馬だ。山賊をこうも簡単に倒してしまうとは・・・
それに比べて
f0112065_12304159.jpg

たまねぎよ、お前は何でそんなに戦闘中すぐ隠れるんだ。
ちょっとは役立って欲しいもんだ。

その後は最初の巡礼地
f0112065_12335063.jpg

第2の巡礼地
f0112065_12345040.jpg

第3の巡礼地
f0112065_1235759.jpg

まで特に障害も無く、巡礼を済ませた。残りは5つだ。

この時点でたまねぎも自分も体力が限界なため今日はここら辺で宿を
とることに
幸い第3の巡礼地の近くには無料で使わせてもらえる
教会の宿舎がある。今日はそこに泊まろう。

歩いて3分ほどで教会に到着した。
f0112065_12413890.jpg

忍犬が宿舎の扉に手をかけたその瞬間、突然たまねぎが
悲鳴をあげた。次は何なんだたまねぎ。

f0112065_12451165.jpg

たまねぎのもとへ駆け寄った忍犬はたまねぎにどうしたのかと
聞いたがたまねぎは応えない。ただずっと足元を見続けている。
忍犬はたまねぎの視線を追った。
ああ、そういうことか、たしかにこれは悲鳴をあげるような光景だ。
子供がみたらトラウマにでもなりそうだし
f0112065_12511760.jpg

全裸の男が地面に上半身を埋めていた。
そういうプレイなのかも知れないと思った忍犬は脈を取ってみたが
すでに死亡していた。
彼に何があったのだろう・・・聞きたくは無いが

翌朝、忍犬とたまねぎは朝食を終えるとすぐに出発した。
さあ今日中にすべての巡礼地へいかなければ
f0112065_12541391.jpg

朝日が男のケツで寂しげに照り返されていたのを、忍犬は無視した。

おそらく続く
[PR]
by ninken360 | 2007-03-31 13:00 | オブリ日記

オブリビオン 拡張パック(最新作では無い)日記

ぜろを拉致って800円出させオブリの追加コンテンツ
「Knights Of The Nine」をゲットしました。
どうも、家族からは「お前、金の事になると本気だな」とよく言われます。
忍犬です。

まあ今日はせっかくなんで追加パックのレビューも兼ねてオブリ日記でも
やってみます。


とりあえずクエスト発生地点であるアンヴィルに向かう忍犬とたまねぎ
f0112065_19503648.jpg

ちなみに今回の旅はこのたまねぎをどこまで役に立つ奴にさせるか
というのも兼ねてる。まあ成長しないだろうけど・・・

最初こそ普通に歩きで行こうと思ったもののたまねぎが敵前逃亡
ばかりしてあまりにも効率が悪いため結局アンヴィルへワープ

アンヴィルに到着した2人を待っていたのは衛兵だった。
f0112065_19543687.jpg

正直衛兵に敵視されるようなことを山ほどやってる忍犬は今すぐにでも
逃げ出したい衝動に駆られたものの、たまねぎの前なので
素直に話を聞くことに

衛兵の話曰く殺人事件が教会で発生したらしい。
一応現場を衛兵に頼んで二人で確認することに
f0112065_2012324.jpg

f0112065_2013512.jpg

そこら中に血が付着している、おまけに祭壇の近くには
御丁寧に血文字まで書かれていた。
そんな中でもたまねぎはいつもどうりハイテンションでこちらに向かって
「by Azura ! by Azura !」と連呼している。正直空気を読んで欲しい。

現場を確認し、教会をでると目の前にさっきはいなかった爺さんが
大声で意味不明な事を叫んでいた。
f0112065_20353718.jpg


近くにいた衛兵にあそこにいる爺さんについて聞くと
どうやら彼は預言者らしい。この事件で不安になっている
市民がよく話を聞いているそうだ。

預言者。うさんくさいな、前世とかスピリチュアルとかと同じ類だろ
忍犬は無視して通り過ぎることに決めた。
しかし、たまねぎがじっと爺さんの話に聞き入っている。
まずい、たまねぎを連れて行きたいがこのままでは
間違いなく爺さんに絡まれる。本気で駄目だなたまねぎは

仕方が無い。覚悟決めるか・・・忍犬は目をキラキラさせながら
爺さんの話を聞いているたまねぎへ声をかけた。
お願いだ。こっちに絡んでくるなよ・・・

f0112065_2048528.jpg

「おお善良な市民よ!私の予言を聞きにきたのだね?」



ですよね
その後忍犬は散々爺さんの話を聞くはめになった。

爺さん曰くこの殺人事件は人ではなくUmarilという過去に封印された
魔術王が引き起こしたのだそうだ。



うさんくせえ。こちとらねずみ退治やらゴブリン退治で
稼いできた人間だ。いきなりそんな話をされてもとてもじゃないが
信じられない。あまりにも非現実的すぎる。

しかし、爺さんはそんな忍犬の意見など無視し忍犬に
この魔術王とか言うのを倒すために聖地を巡礼して来るように
頼んできた。

まあいいか、暇だし引き受けてみることにしよう。
たまねぎも少しはこの旅で成長するかも知れないし
忍犬は爺さんの頼みを引き受けた。

翌朝。忍犬はたまねぎを連れてアンヴィルを出た。
f0112065_2124960.jpg

たまねぎにはもちろん馬は無い。最初の巡礼地までどれほどかかるやら・・・
まあ、ゆっくり行こう。ゆっくりね。

つづく
[PR]
by ninken360 | 2007-03-28 21:06 | オブリ日記

スクショはこれで最後 オブリビオン 第18話

忍犬はクヴァッチへ向かっていた途中で遺跡を見つけた。
f0112065_190037.jpg

忍「話どうりだな・・・」

忍犬はコロルから出て行く時に会った衛兵の話を思い出した。






f0112065_1912112.jpg

衛「あんた、どこ行くんだい?ああ、クヴァッチか。なら途中に遺跡あるから、金目のモン欲しければ

行ってみたらどうだい?」






いい情報をありがとう衛兵。後、あんまりにもスキだらけだったからって金スッちゃってスマン。

さあ、いってみるか。
f0112065_19111757.jpg

忍犬は遺跡へと進んだ。






f0112065_1913595.jpg

忍「けっこう暗いな・・・」

中は思ったより暗く、忍犬は松明を灯した。






f0112065_19145813.jpg

しばらく進むと前方に宝箱らしきものを発見した。

忍犬が宝箱へと近づいたときだった。
f0112065_1917494.jpg

突然床がもりあがった。

忍犬は驚いた。というかプレイしてた俺が驚いた。

しばらくすると床はまた元通りに下がった。

忍犬が上を見上げると、なるほど
f0112065_19212472.jpg

上にぶっとい針が仕掛けられている。このまま先へ進んでいたら串刺しだっただろう。

どうしようか忍犬が考えていた時だった。
f0112065_19235268.jpg

「シャギャアアアア!!」

ガイコツが襲い掛かってきた。突然の攻撃に忍犬がまずいと思った時だった。

ガイコツが突然目の前から消えた。
f0112065_1926942.jpg

というか昇っていった。天井からガイコツの悲鳴が聞こえ、しばらくすると

何も聞こえなくなった。その後床が降りてきて忍犬の前にはガイコツがバラバラになって

転がっていた。
f0112065_19285196.jpg







その後も、行く先々で様々な罠が忍犬を待ち受けていた。
f0112065_22473659.jpg

床から突然飛び出す針や
f0112065_22481211.jpg

まるでマリオのようなギロチンの罠

そしてその罠に自分でかかっているガイコツ達。
f0112065_2250111.jpg

忍犬は思った。この遺跡は完全な設計ミスだと






そして忍犬は遂に遺跡の最深部にたどり着き。この遺跡の財宝を手に入れた。
f0112065_2253366.jpg

ここにある財宝を取るまでにもだいぶ宝石を回収できたので忍犬はウハウハだった。
f0112065_22592080.jpg







忍犬が今夜は赤飯だと遺跡から出ようとした時だった。
f0112065_2315973.jpg

忍「なんだこれ?」

目の前に突然白いモヤモヤした物が現れた。

気にせず通り過ぎようとした瞬間。そのモヤが
f0112065_2334529.jpg

襲い掛かってきた。

これはいわゆるあれかゴーストか。とりあえず忍犬はゴーストを斬りつけたが切った感覚がない。

そりゃそうだ。というか幽霊に普通に攻撃当たるドラクエとかどうなんだ?

まあいい、ならば魔法だ。忍犬が残りのMPを全て消費して魔法を打ち続けると

ゴーストは成仏した。
f0112065_2311195.jpg

さらばゴースト。お前の残りカスは調合にでも使うよ。






忍犬が遺跡から出てきた時にはすでに夜になっていた。
f0112065_2313218.jpg

いったい自分は何時間起き続けているのか。酷く眠い。早く宿を探さないと

忍犬はクヴァッチへと馬を走らせた。

続く
[PR]
by ninken360 | 2007-01-03 23:16 | オブリ日記

おい、明日CRTモニタとどくぞ。オブリビオン第17話

前回、おっちゃんから息子達を助けるように頼まれた忍犬は

息子達のいるであろうおっちゃんの畑に向かっていた。
f0112065_2244673.jpg

息子達が心配だったというか報酬が心配な忍犬は焦っていたが

しばらくすすんでいると例の兄弟らしき人物を見つけた。
f0112065_227836.jpg

さっそく忍犬は馬から降りて二人に事情を説明し連れて帰ろうとしたのだが
f0112065_2371595.jpg

兄「なんだ、お前は?」
f0112065_2373447.jpg

弟「邪魔をするな!」

なかなか失礼なやつらだった。

まあ、親があんななのでもとより言うことを聞いてくれるとは思えないのだが

一応、忍犬は親父さんが心配していることを二人に伝えた。

すると2人は
f0112065_2401430.jpg

兄「おい!やっぱり親父は怖気づいたようだ。やっぱり俺たちが行くしかないな!」

弟「ああ!二人で大丈夫さ!」

そういって2人は畑のほうへと向かっていった。

やれやれ、しかたがない。ついていこう。

忍犬は2人の後を追った。
f0112065_242075.jpg






畑に着いた兄弟と忍犬は早速戦闘準備を始めた。
f0112065_2582560.jpg

忍犬は畑荒らしと聞いてどうせ野生の狼かあの無駄にでかいネズミ程度だろうと思っていた。

そしてそれがこの仕事を引き受けた理由でもあった。

兄「くるぞ!!」

弟「俺ら兄弟の力を見せてやるんだ!」

さて、チャチャっと片付けてクヴァッチへ行くまでの旅費を貰おう。

忍犬はかなり余裕を持ちながら剣を構えた。

その直後、問題の畑荒らしが現れた。

兄「来たぞ!!ゴブリンだ!!」

え、ゴブリン?!

注意 ここから先かなり画像がブレております。よく目を凝らしてご覧ください。
f0112065_351354.jpg

どう見てもゴブリンだった。畑荒らしってレベルじゃねえぞ。

忍犬は先ず兄弟を守ろうと思ったが、この兄弟それなりの剣術を積んでいるようで

次々と迫るゴブリンを切り倒していった。

しかし、数で押すゴブリンの力もまた強大だった。
f0112065_3113963.jpg

着実に兄弟と忍犬の体力が消耗されていく。

そして、決着はついた。
f0112065_3142885.jpg

全てのゴブリンを倒し、ボロボロの忍犬は同じく疲れきっている兄に話しかけた。

兄は忍犬のほうを見ず弟を見ていた。正確には弟だったものだ。

忍「気にするな。あんたのせいじゃない」

見事な最後だった。ゴブリンに囲まれた弟はゴブリンに殺されるぐらいならと
f0112065_319913.jpg

自分の体を横から刺して切腹という荒業で命を絶ったのだった。

あまりもの見事な死にっぷりに忍犬は次に言う言葉が出てこなかった。

しかし兄にはコロルのおっちゃんのところに帰って貰わなければならない。報酬のために

忍犬は覚悟をきめ、もう一度兄に話しかけた。すると
f0112065_3241522.jpg


兄「ああ、俺らはやったんだ・・・報酬は親父にもらってくれ。」

それだけを言い残し兄はコロルの自分の家へと帰っていったのだった。
f0112065_3281742.jpg







f0112065_327085.jpg

忍「・・・さて次は親父さんか」

忍犬はウンザリしながらおっちゃんに依頼された結果を伝えた。

f0112065_3294054.jpg

「そんな・・・わたしの息子が・・・信じられない」

おっちゃんは兄とは違ってショックを隠しきれないようだ。

悲しむおっちゃんをなだめ忍犬はおっちゃんから報酬をもらったのだった。






f0112065_332114.jpg

報酬をうけとった忍犬はすぐさまクヴァッチへと出発した。

あの親子がこの先どうするか、忍犬は考えようとはしなかった。

続く
[PR]
by ninken360 | 2006-12-28 03:35 | オブリ日記

オブリビオン ~レッドガードの場合~

前、獣人を紹介したことがあったよね。彼、結構頑張ってシーフギルドのお偉いさんになったり

地味に結構進んでたみたいなんだけど
f0112065_21233457.jpg

ごめん、俺がセーブデータ上書きしちゃった。

俺の名前はレッドガード。一番最初に忍犬が始めたキャラ。

ちなみに忍犬は今までに6キャラつくっててそのどれもエンディングを見てないそうだ。

一度最後まで行ってから新しいのを作ればいいのにな。

まあそんなことより、ちょっと話を聞いてくれ。

俺はインペリアルシティに友人がいるんだよ。で、この前会いに行ったんだよ。






最初はどうせいつもみたいに酒場にいるだろうと思って酒場を覗いてみたんだけど

いないんだよ。おかしいと思って酒場のおっちゃんに話を聞いたら

最近全然来てくれないんだとさ。あの酒が3度のメシより好きだったあいつが

それで直接あいつの家というか店に訪ねに行ったんだ。






酒場からすぐ近くに店はあるからすぐ着いた。

f0112065_21594636.jpg

俺はさっそく店のドアを開けてあいつにあったんだけど驚いたよ・・・
f0112065_21575820.jpg

な に こ の 変 態

おもわず店を逃げ出すように飛び出したんだけど、

次の日にまたあいつのところに行ったんだ。さすがに昨日見たのはなんか眼の錯覚だと思ってね。

ドキドキしながら昨日と同じように店にはいったんだけど

どうやら俺の考えが甘かったようだ。
f0112065_22113662.jpg

変態+燃え盛っていた。

そしてあいつは俺に店の商品が安くなって儲かるようになったと告げ
f0112065_22155326.jpg

突然うめき声をあげ燃え尽き絶命した。






なぜこんな格好をしていたのか。そしてなぜ燃えていたのか

俺も知らないし、他の誰も知らない。知っていたのはあいつだけだな・・・

まあ俺の話はココまで。ん、俺の頭?ああこれ?

昨日からかぶってるんだカッコいいだろ?
f0112065_22235735.jpg


ー完ー
[PR]
by ninken360 | 2006-12-22 22:25 | オブリ日記

オブリビオン第16話

f0112065_2131898.jpg

やあ、3日ぶりだね!中の人がゲームする暇はあるのにブログを更新する暇はない

とか言ってたよ。きっとまた更新遅れるだろうね。クリスマス前はなんか異常にテンション低いし

とりあえず前回の続きから話すよ。






前回、いきなりの頼みごとに戸惑っていた忍犬。とりあえずパニくっているおっちゃんを

落ち着かせ、話を聞くことにした。
f0112065_2172980.jpg

話を聞くとこのおっちゃんは畑をもっていて最近そこに畑荒らしが現れるらしい。

そして、この畑荒らしを退治するためにおっちゃんの息子2人が勝手に向かって行ったらしい。

そこで心配なので誰かに助けるように頼もうとしていたそうだ。

話を聞き終わった後忍犬はおっちゃんの話を聞いて一つだけ気になる点があったので質問した。

忍「何故おっちゃんが行かないんだい?」

普通はこういうときは親が行くべきだろう。するとおっちゃんはこう答えた。

お「こんなことを言うのもなんだが・・・怖いんだ・・・」

呆れた親だ。こんな親では息子達も勝手に行くわけだ。

忍犬は付き合ってられないと席を立とうとしたが

お「頼む!報酬はもちろん出す!お願いだ!!」

おっちゃんのその言葉を聴いて忍犬はどれだけ報酬がもらえるのかを確認。その後

町からでて問題の畑に向かったのだった。
f0112065_21205050.jpg






ちなみに忍犬が畑へ向かった後、おっちゃんは忍犬のいた席で酒飲みまくりだったが
f0112065_21233089.jpg

それに忍犬が気づくことはなかった。

続く
[PR]
by ninken360 | 2006-12-16 21:25 | オブリ日記

オブリビオン ~ある獣人の場合~

どうも、獣人です。
f0112065_127251.jpg

今日は素敵なワンコを紹介してもらえるということで、帝都のはずれの洞窟に来ています。

噂によると帝都一素敵なワンコだとか。楽しみですね。

それでは早速進みます。






あー暗くて分かりづらいですね・・・えーと、あ・・・いた!!
f0112065_134134.jpg

わあ、かわいいですね!!

ところでご主人はどこにいるんですかね・・・ん?
f0112065_1353526.jpg


f0112065_1364065.jpg


・・・・・・
f0112065_1373212.jpg

・・・帰りましょうか

~完~
[PR]
by ninken360 | 2006-12-05 01:38 | オブリ日記

オブリビオン 第15話

皇帝の忘れ形見を捜すことになった忍犬。

現在はコロルにいた。装備品を売ろうと思ったのだ。
f0112065_22444865.jpg

正直荷物には余裕が今まではあったのだが、この前のジャフレの分が多すぎて持ちきれなくなったのだった。

門を通ろうとすると兵士がいたので忍犬は挨拶をした。すると兵士は
f0112065_2248497.jpg

兵「人を殺めると夜枕元に暗殺者が現れて仲間にしようとするそうだ・・・怖いなあ」

いきなり意味不明なことを言い出した。

そもそも挨拶したんだからちゃんと挨拶しろよと、忍犬は文句を言いそうになった。

しかし普通に文句を言えばあんな顔でも兵士は兵士。忍犬では瞬殺される。

忍犬は軽く兵士に対してイラつきながら門を通った。








忍犬が門を通って最初に見たのは立派な石像だった。
f0112065_231729.jpg

忍犬はその石像を見て

男A「俺は・・・もうだめだ・・・先へ行け」

男B「そんな、お前を置いていけるものか!!」

男A「フッ・・・甘いやつだ・・・」

なぜか忍犬の頭のなかでそんな妄想がよぎった。








妄想もそこそこに忍犬は武器を主に取り扱っている店へやってきた。
f0112065_23103859.jpg

様々な武器が並んでいた。剣、弓、斧、ハンマー・・・

どれも買う金は無かったが

まあそのうち買えるだろう・・・PS3みたいに

忍犬はそんなことを思いながら店の店員に装備品を売ろうとした。

売ろうとしたのだが忍犬は気づいた。やたらこいつ安く買ってね?と

それもそのはず詳しく見てみると
f0112065_23152890.jpg

店員は店の売値の34%で品を買い取っていた。

なんて店員だ。ドラクエでさえ50%で買い取っているというのになんてやつだ。

忍犬は他の店で売ろうとした。しかしコロルには武器屋はココにしかない。

つまりココ以外では売れないのだ。仕方なく忍犬は

店の店員のご機嫌をとりながら
f0112065_23203046.jpg


値段を吊り上げ、定価の43%で売りさばいたのだった。








そんなことをしてるうちにだいぶ時間が経ってしまった。忍犬は今晩の宿へと向かった。
f0112065_23241962.jpg

宿代を払った後、忍犬が他の客と楽しく飲んでいると、他の席にいた客が話しかけてきた。
f0112065_23263497.jpg

客「頼みがある!!私の息子を助けてくれ!!」

次回、この男に忍犬は殺意を抱くことになる。

続く
[PR]
by ninken360 | 2006-11-22 23:32 | オブリ日記

オブリビオン 第14話

忍「やっと・・・着いたぞ」
f0112065_22591090.jpg

午前1時。忍犬はジャフレのすむ教会の前に来ていた。

やっとこの長いパシリ人生が終わる。そう考えると忍犬はノックもせずにドアを開けた。
f0112065_2343544.jpg

f0112065_2385843.jpg

ザビエルがいた。戸惑っていた忍犬にザビエルは気づくと話しかけてきた。

ザ「やあ、こんな夜中にお客様かな。御用はなんでしょう?」

紳士だった。忍犬はザビエルに貴方がジャフレなのかと聞くと

ザ「ジャフレ殿に御用ですか?2階にいますのでどうぞ」

そう言われ忍犬はザビエルに促され2階に上がった。








そして遂に忍犬はジャフレに出会った。
f0112065_23165719.jpg

忍犬はジャフレにアミュレットを渡し事情を説明しようとした。

しかしジャフレはすでに皇帝が亡くなった事、皇帝の息子達まで亡くなっていた事を知っていた。

ジャフレは「それでもまだ希望はある」そう言って昔話を始めた。
f0112065_23234770.jpg

長かったので要約すると

・実は隠し子が一人いる。

・本人は皇帝の息子とは知らない。

・現在はクヴァッチにいる。

・マジ一度赤ん坊の頃見たけど可愛かった。

ということらしい。特に最後のは何度も聞かせられた。

そして最後に忍犬にその隠し子を連れてきてくれないか?と言ってきた。

正直、忍犬はもうパシリはゴメンなのでさっさと出て行こうとした。その時だった。
f0112065_23295518.jpg

ジャ「あーあ、残念だ。行ってくれるなら装備品とかあげてもよかったのに」

忍犬の足が止まった。ジャフレはさらに続けた。

ジャ「ちょっと遠いから、ここにいる馬あげてもよかったのに・・・本当に残念」

忍犬はジャフレに向かい直した。








朝。

教会の外に忍犬はいた。
f0112065_23393977.jpg

馬に乗り道具袋に装備品を詰め込んだ忍犬は言った。

忍「つ・・・釣られたんじゃないんだから!!」

続く
[PR]
by ninken360 | 2006-11-20 23:43 | オブリ日記

オブリビオン 第13話


扉を開けた先にいたのはインプだった。
f0112065_2044970.jpg

しばらく山賊やら狼としか戦ってなかった忍犬は、モンスターに戸惑った。

しかし、今の忍犬には魔法がある。こんなちびっこすぐ倒せるはずだ。

忍犬は呪文を唱え右手を向けた。そして撃った。体中を火が包んだ。
f0112065_20544244.jpg

忍犬が燃えていた。

まずい、どうやらこいつらも魔法が使えるようだ。

しかし1匹ではたいした敵ではない。

このまま距離を詰め、一気に切り刻んでやる。

忍犬は剣を構え、インプへと走った。








10分後

忍犬は松明を持ち、辺りを警戒していた。
f0112065_2112696.jpg

忍「もういないよな・・・」

忍犬の足元には
f0112065_2122799.jpg

インプが昭和のトリオ芸人のように並んでいた。

最初こそ一対一だったのだが仲間を呼ばれたのだった。

この付近にはもう居ないのを確認すると、忍犬は先へ進んだ。








しばらく進むと宝箱があった。
f0112065_2191121.jpg

鍵がかかっていたが、キーピックを使い難なく鍵を外す忍犬。

宝箱の中を見てみると防具が入っている。さっそく着てみることにした。
f0112065_21164140.jpg

微妙にアンバランスだった。忍犬は元の鎧に着替えようとしたが、ある事に気づいた。

忍「このローブ、鎧より防御力がある!?」

なぜか鎧よりも防御効果がある。なにで出来ているのだろうか。

しかし今はそんなことは気にしてられない。今は先に進むのみだ。

忍犬はローブを着たままさらに遺跡の奥へと向かった。








先へ進むとまたしても宝箱があった。

開けるとまた防具。今度もとりあえず着てみた。
f0112065_21255248.jpg

もうただの変態だった。

しかもこの服、なぜか病気に耐性があった。

これ着てること自体が忍犬は病気なんじゃないかと思った。








その後またインプに襲われたりもしたが何とか忍犬は遺跡を抜けたのだった。

外はすでに夜になっている。
f0112065_21312890.jpg

思わぬ時間のロスだった。忍犬は急いでコロルへと向かった。

続く
[PR]
by ninken360 | 2006-11-19 21:35 | オブリ日記
line

ゲーオタのチラシの裏


by ninken360
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30